マカというのは何なのか

マカというのはアブラナ科の植物で南米ペルーのアンデス地方で何千年もの昔から栽培されてきたものです。その効能は滋養強壮で特に紫色をしたマカモラーダが最も人気があります。マカという植物は厳しい気候条件にも耐えるだけの強さを持っており土壌の栄養を貪欲に吸収して育ちます。従ってマカはアミノ酸やビタミンやミネラル等の栄養素を沢山含んでおり薬草の女王の異名を持っています。その歴史はインカ帝国の時代より重宝されてきたことが知られています。

古代インカ帝国の時代には一般人が食べることは難しく兵士のための褒美であったり上流階級の人達の食べ物でした。この頃から精力剤としての効果は知られていたようです。

 

しかし近年になって科学的にその効能が研究されはじめ、精力増強や催淫効果だけでなく疲労回復や栄養改善などの多くの効果が認められました。特に必須アミノ酸は体内では作られないため食物から摂取する必要がありますので、マカを食べることでそれらを補うことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>